診療科のご案内

内科, 外科, 消化器科, 皮膚科, リハビリテーション科

内科

軽い風邪、腹痛から生活習慣病(動脈硬化、高血圧、糖尿病、高脂血症)に至るまでホームドクターとして健康管理を行います。

外科

ケガやできものの処置、乳腺疾患・肛門疾患の診察も多数の診療経験のある当院の専門領域です。

消化器内科

当院の専門領域で、胃、大腸、肝臓、膵臓、など消化器一般の診断治療を行います。
(超音波診断、胃・大腸造影、内視鏡検査など)

内視鏡検査室

内視鏡検査(胃カメラ)について

当院では内視鏡検査(胃カメラ)には、苦痛の少ない経鼻内視鏡(鼻から細いカメラを入れるタイプ)を使用しています。内視鏡検査は基本的に予約が必要です。診察時にご予約ください。

内視鏡検査(胃カメラ)の流れ

検査前日

・前日の夕食は夜の9時までに済ませてください。夜9時以降は水分のみにしてください。

検査当日

・検査当日の朝食は絶対にとらないでください。※水分も飲まないでください。
・薬も服用しないでください。

検査後

検査後は軽くうがいをしていただきます。
食事は、喉の麻酔が残っているので、1時間後からにしてください。

持参品

当日はタオルをご持参ください。

※当日検査を受けられない時はなるべく早めにご連絡ください。

大腸X線検査を受けられる患者さんへ

検査について

この検査は、大腸の炎症性の病気(腸のただれ・きず)、大腸のポリープ、その他をレントゲン写真により診断する検査です。
大腸はそのままでは写真に写りませんので、造影剤(硫酸バリウム)を肛門から大腸に入れて大腸がよく見えるようにしてから写真を撮ります。
検査は20分位で終わります。

検査前の準備について

大腸内を空っぽにして検査を行います。大腸の中に食物の残渣(便)が残っていると検査の妨げになり、検査が受けられなかったり、正確な診断が得られないことがあります。そのようなことが無いように指示を守り検査にご協力ください。

レントゲン室

皮膚科

やけど、水虫、うおの眼、などの一般皮膚疾患に対応いたします。

リハビリテーション科

腰痛、肩こり、膝の痛みなどに対して必要に応じていろいろな理学療法を行います。
(腰椎牽引、温熱療法、電気刺激療法、運動療法など)